成人式の振袖、少し好きになりました。

成人式のために振袖を買ってもらいました。当日は、母は自分が買ってもらえなかったからと、自分の着物を買うかのような盛り上がりでした。それで「○○(私の名前)はどう思う?」と聞いてはくれるものの、私の意見や好みが通ることはなく、母と着物屋さんが素敵だという、私の好きな色でも柄でもない振袖を買いました。

その後、就職して、兄の結婚式に参列することになりました。母は私に成人式の時の振袖を着たら、こういう時くらいしか着ないんだからと言いました。値段を知っているだけに、私はもうあれは着たくないとは言えませんでした。でも、どうにかならないものかと思いました。それで、買ったところとは違う着物屋さんに振袖一式を持って行きました。なぜなら、着物は帯や小物を変えるだけでぐっと雰囲気が変わると聞いていたからです。

事情を話すと、お店の方はとてもよく相談に乗ってくださいました。私の予算でできることとして、帯揚げと帯締めを変えて、髪型をこういう感じにしてみたらとアドバイスをくれました。その上で、着物は少し派手めに選ぶものなのよ、母と着物屋さんが選んだ帯揚げと帯締めは昔ながらの合わせ方で悪くはないのよ、でも、若い方にはちょっとよねという具合に、母をフォローしつつ、私をフォローしつつ、着物のことを教えてくださいました。

おそらく、お店の方が親身になってくださったおかげです。帯揚げと帯締めで随分雰囲気が変わったこともあって、ちょっと何だかなと思っていた振袖が少し好きになりました。